トップページ > 調査テーマ >3.匂いを利用した植物や昆虫のコミュニケーション

3.匂いを利用した植物や昆虫のコミュニケーション

 私たち人間は、おもに言葉によりコミュニケーションをとりますが、言葉を持たない植物や昆虫のコミュニケーションでは、匂いが大切な働きをしています。例えば、多くの昆虫は、フェロモンと呼ばれる特別な匂いを使って仲間を集めたり、外敵から身を守ったりしています。また、植物は、匂いを利用して花粉を運ぶ虫を集め、害虫を排除する天敵までも呼び寄せます。匂いの情報がないと、全く繁殖できない生物も少なくありません。これを上手に操ることができれば、農作物に被害を与える害虫や雑草を防ぐこともできます。しかも、これらの匂い物質は、残留して生態系に悪影響を与える心配がないので、環境にやさしい農業資材となり得ます。

 この講座では、植物や昆虫が出す匂いに、昆虫がどのように反応するかを観察してみましょう。そして、匂いを集めたり分析したりする実験設備を見学して、研究方法を学びます。参加すれば、生物の匂いの役割と秘密に迫る体験ができます。

匂いを利用した植物や昆虫のコミュニケーション

 

お申込みはこちらから(~7月17日締切)