トップページ > 調査テーマ >8.環境微生物の新たな分析技術

8.環境微生物の新たな分析技術

 微生物は、水の中や土壌あるいは私たちの体の中や食品中にも存在しています。微生物には、病気の原因になったり、毒を作ったりするような、人間にとって有害となるものがいる一方で、発酵食品を作ったり、汚水を浄化してくれるような役に立つ微生物もいます。しかし、どのような種類の微生物が存在するのかは、まだよくわかっていません。私たちは、環境中に生息する微生物を簡単に分析する技術の開発を進めています。

 微生物はあまりに小さいので、電子顕微鏡をつかって観察しますが、それでも見た目だけで種類を決めることは容易ではありません。そこで、遺伝子の並び方を調べて種類を決めます。さらに、微生物細胞に特殊な薬品を加えてレーザー光を瞬間的にあてると、細胞の中に含まれる数多くのタンパク質を一斉に分析することができます。私たちは、タンパク質の分子構造の微妙な違いに着目して、微生物の種類を調べる方法も開発しました。実習では、こうした最新の分析装置を使って、微生物の分析を体験してみましょう。

環境微生物の新たな分析技術

 

お申込みはこちらから(~7月17日締切)