トップページ > 調査テーマ >2.最先端のハプティクステクノロジーで、体感できる仮想世界を作ろう!

2.最先端のハプティクステクノロジーで、体感できる仮想世界を作ろう! ~デジタルで錯覚を引き起こす、脳科学と工学の融合~

 世界を席巻しているバーチャルリアリティー(VR)。現実と見間違えるほどリアルな仮想世界が生まれています。しかし、その世界のモノを触ることができないという重大な欠点があります。

 そこでミライセンスは、触れないVRの世界を「体感できる」世界に昇華させるため、錯覚を応用し、触ったことをデジタルで表現する脳科学ベースの次世代工学技術DigitalHaptics®を開発。 ミライセンスのデバイスが、人工知能とディープラーニングによって最適化された、特殊な振動をすることで、ざらざらといった触った感覚、ひっぱる/押されるといった浮遊感を、世界で初めて、錯覚で表現できるようになりました。 もう数年で、VRやスマートフォン、電気自動車などに搭載される予定です。

 本講座では、世界最先端のモーションキャプチャ技術とDigitalHaptics®で「体感できる」仮想世界を作ります。普段触ることができない、研究所の中でも最先端の技術・設備で、どんな新しい仮想世界を作れるかは、工夫次第!次世代のデジタルワールドにダイブしましょう!

 
 

 

お申込みはこちらから(~7月17締切)